女性の加齢臭

おばちゃん臭ってあるの?

皮脂腺は男性ホルモンが分泌を刺激し、女性ホルモンが分泌を抑えることでコントロールされています。ところが、更年期以降、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが優位になって、皮脂分泌がさかんになり、パルミトオレイン酸が増えてきます。これが活性酸素によって連鎖的に酸化され、いろいろな臭いのする脂肪酸に分解されます。そのひとつがノネナールなのです。

最近では、更年期障害の若年化も進んでいるといわれています。もはや「加齢臭」他人事ではありません。

「加齢臭」は生活習慣病の「ニオイ」バージョン

不摂生になると血中にコレステロールが溜まるようになります。それと同じく、皮脂もたまり酸化してニオイを放つようになります。生活習慣病の予防が、加齢臭の予防にも繋がるのです。

食事の際は、肉類、酒、タバコを控え、大豆製品など抗酸化作用のある成分を多く含んだ食品をとるよう心がけましょう。ニオイ撃退に効果があります。

自分の臭いを気にし過ぎるのもNG !

しかし、もっとも「ニオイ」の原因になるものは「ストレス」です。仕事や私生活でのストレスもさることながら、自分のニオイを気にしすぎることも問題です。

「自分のニオイを気にする→ストレスになる→活性酸素が発生する→過酸化資質が増加する→ノネナールが作られる→加齢臭が強くなる→ニオイが気になる」の悪循環。

最近では体臭を気にして人前に出られなくなったり、心の病になったりするケースも多いそうです。それは「クサイ」という言葉が、「私が周囲に迷惑をかけている」という加害者意識を生じさせるからだとか・・・。「ニオイ」を防ぐ方法、「ニオイ」に悩まなくなる方法を教えてくれたり、心をケアしてくれる病院もあります。鬱々とする前に、積極的に解消に乗り出しませんか?