おっさん臭は何歳から?

40歳を過ぎる頃から始まる加齢臭

おっさん臭の存在を化学的に解明したのは、化粧品メーカーの資生堂です。20代から70代までの男女のポロシャツに付着した成分を分析したところ、男女ともに40歳を過ぎた年代のポロシャツから、特有の体臭成分ノネナールが検出されたのです。

順を追って説明すると、まず人間の皮膚には脂肪腺というものがあり、ここから脂肪が滲み出ています。この脂肪は皮膚の脂分であり、皮膚に潤いを与えてもいるわけですが、年齢を重ねるとこの脂肪腺からパルミトオレイン酸という脂肪酸が増加します。それと同時に過酸化資質という物質も増えます。この2つが分解、酸化されてできるのが「ノネナール」なのです。

ノネナールとは、不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種

このノネナールは若い人たちの体臭からはほとんど検出されないことから、「おっさん臭」「オヤジ臭」、つまり加齢臭の原因であると特定されました。40歳を過ぎる頃から加齢臭は始まるといわれています。しかし、最近の研究では、老年になる前の中年の人、そして早い人では20代後半からもノネナールが出ることが分かってきました。