おっさん臭の予防には動物性脂肪を控えよう

動物性脂肪は取り過ぎると血中コレステロールが上がる事は良く知られています。動物性脂肪の取り過ぎは中年の体には悪いのです。この動物性脂肪は加齢臭にも悪影響があります。

動物性脂肪が沢山含まれる食べ物

例えば肉やバター、マヨネーズなどを沢山採り過ぎると血管の壁にコレステロールが溜まり、血管の内側が狭くなり、それによって動脈硬化を起こす危険性があります。動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気を起こしやすくなります。

このように、動物性脂肪の取り過ぎは中年の体には悪いのは広く知られていますが、加齢臭にもかなり悪影響があります。

動物性脂肪の多く含まれる食品を食べると、皮膚にある脂質腺の中にも脂肪分が増えるのです。 脂肪分が増えてしまうと、オヤジ臭い原因のノネナールも増えてしまうのです。

肉や脂分はコレステロールを増やすし、加齢臭の原因のノネナールと増やす原因にもなります。これを機会に動物性脂肪を控えたヘルシーな食生活に切り替ると良いかもしれません。体も健康になり、嫌な加齢臭にも効果的です。